食パンの只今の売り上げ個数は!?各店にカウンターボード設置しました(^^!!

シェアする

14087605_716442618496531_1266848680_o

当店自慢の食パン、大好評です!日々売り上げ個数更新中!!

こんにちは(^^)/スタッフの松澤です♪

台風が過ぎ去り、今日も新潟は残暑が厳しいです(`・ω・´)!

今日も張り切っていきましょう♪

見附のパンドネイヴル、長岡のドルチェ・ヴィータのベーカリーでは食パンの売り上げ個数が一目でわかる看板を外に設置しました。

14087694_716442805163179_1558624926_o

OPENしてから8年目に突入したネイヴルでは15万斤を突破し、3年目のドルチェ・ヴィータでは3万斤を突破しました♡

今日も食パン目当てにご来店してくださっている常連さんが沢山。

みなさんありがとうございます!

この数字は随時更新していきます(^^)/

IMG_1083

石窯で作ったパンの特徴って・・・?

当店のパンは全て石窯で焼いています。

「石窯パン工房」と名前の付いたパン屋も多いですがそもそも石窯でパンを焼いたら普通のオーブンとは何が違うの?とちょっと疑問に思っていた方も多いはずです。

石窯(いしがま)は、いわば昔のオーブンです。材質は耐火性の煉瓦、岩石、コンクリート、粘土などいろいろですが、いずれにしてもこうした材質の空間で調理するわけです。

この石窯の機能な特徴は、炎の熱放射を閉じ込める状態にすることです。

炎はオーブン内や窯に通気孔がつながる火室で燃焼します。

煙は石窯の前から外部へ出ていきます。

石窯の扉の真上に煙突があればそこから排出されます。

基本的に前面に出し入れ口があるわけですが、石窯は上部が開くオーブンよりも熱効率が高く、余熱と弱火でも長時間焼くことができるのです。

なので、石窯で焼いたパンの外側はパリパリ・中はシットリという触感を生み出せるのです。

コンビニやスーパーのパンも手軽に美味しく食べれますが、石窯を使ったパン屋でしか味わえない触感や風味もプチ贅沢で良いと思いますよ♡

誕生日:昭和63年7月10日
出身:新潟県加茂市
三条のベーカリーにて7年パン製造勤務、後に見附の「パンドネイヴル」で接客・製造を学び、現在は長岡のベーカーズ・ダズン本部にて勤務。
趣味:パン屋巡り兼ドライブ